イビサクリームの妊娠中

イビサクリームは妊娠中の気になる黒ずみにも使った方が良いの!?

 

妊娠初期から中期にかけて女性の体は大きな変化をします。
特にホルモンバランスは大きく崩れるため、黒ずみが発生しやすい部分。
例えば、乳首やVライン、こういった部分はいつにもまして黒ずみが進むものですから、
どうしてもケアしたくなるものでしょう。

 

確かにこの時期の黒ずみは色素沈着によるものですからイビサクリームを使ってケアしたくなっちゃうかもしれません。
しかし、焦る必要はありません。
妊娠期の黒ずみはホルモンバランスが安定してくれば自然と緩和されてくるものですから、
焦って黒ずみ対策を行う必要もないかと思います。

 

公式サイトでも「妊娠中の場合は、専門医にご相談のうえ、ご使用を検討してください。」といった表記がある通り、
無理に使う必要もないんじゃないかと・・・

 

むしろ出産を終えてしばらくしても黒ずみがなくならないようならば、積極的にイビサクリームを使用してみてもいいかもしれません。
ホルモンバランスが正常な状態に戻っていればある程度黒ずみは引くはずですが、それでも残ってしまうということもあり得るかもしれません。こういった場合はケアしてあげるといいでしょう。

 

妊娠期にイビサクリームを使うのなら正中線対策に!!

正中線って知っていますか!?
妊娠線ではないですよ。妊娠線は急激なお腹の変化に対して皮膚が引っ張られたためにできたもの。
一方で正中線というのはお腹の真ん中にある線で、もともと誰もが持っている線なのですが妊娠期にメラニンの影響によりくっきりと表れてしまう黒い線です。
つまり、正中線は色素の沈着によるものなんです。
これ、妊娠期に現れて他の部位の黒ずみよりも残ってしまうといったことがあるんです。
そのため早いうちから対処してあげるとよいと思いますよ。
さらにしっかりと防ぎたい方はイビサクリームと同じファイブテイルズさんのメイドバイマムを使ってあげるとなお効果的かもしれません。

 

また妊娠線を対策するためには保湿が必要ですから、お腹周りにうるおいを与えてあげるためにイビサクリームを使ってあげるというのもいいかもしれません。

 

妊娠期はデリケートな部位の黒ずみを対策するというよりも、
気になるお腹周りのケアとしてイビサクリームを使ってあげた方がいいかもしれませんね。